Dec 22, 2017

前撮りをする場所のメリット・デメリットと、撮影時期など前撮りを検討し始めに悩むこと!

前撮りをする場所のメリット・デメリット!

 

一度しかない前撮りだから、ロケーション撮影と、スタジオ撮影、どちらがいいかなど、前撮りで悩まれている方のご参考になれば幸いです。

 

◇前撮りの撮影スタイル◇

◆スタジオ撮影(NEMURA FILMSでは対応しておりません)

昔からあるのは、スタジオ撮影です。

結婚式場の施設内にあるいわゆる写真館のスタジオで撮影されたというお父さんお母さんも多いのではないでしょうか。

ただし、1枚写真を撮影するだけなのに、値段がこんなに。。なんて思われる方もおられると思います。

スタジオ撮影のメリットは天候の心配がいらないことです。

 

予定通りに撮影ができるので、お仕事や結婚式の準備で忙しい方でも安心ですね。

 

しかし、デメリットとして背景が限られているのでシンプルな写真になります。

結婚式を寒い時期や雨の多い時期に予定している場合や、遠方にすまれているご家族と一緒に撮影する場合は、スケジュール調整が出来るのでスタジオ撮影がいい場合もございます。

 

 

◆ロケーション撮影

ロケーション撮影のメリットは何と言っても、ロケーション・背景です。

特に岡山県は岡山後楽園、倉敷美観地区と、全国でも有数の和装にぴったりのロケーションが2つございます。

お客様からご要望の多い「自然な表情の写真」「自然なポーズ」などは、やはり広いロケーションでしかできない場合も多くあります。

それから、自然光

近年、前撮りのトレンドとっている自然な写真は、自然光の下のロケーション撮影ならでわです。

ストロボと合わせてドラマチックな雰囲気の写真を撮影することもできます。

 

デメリットとしては、天候による心配が残る部分です。

ただし!

みなさま、ここは岡山です。

晴れの国おかやまなのです!

例えば、神戸が洋装ロケーション撮影にぴったりな地域だとしたら、岡山はまさに和装ロケーション撮影にぴったりな地域なのです!!

 

◇前撮りに良い時期◇

前撮りを行う時期は参列するゲストに写真を披露するには、写真の仕上がりが、ダータが3週間、アルバムが5週間かかることを想定し式の1~2ヶ月前が良いかもしれません。

◇前撮りに向け事前に準備するもの

ございません!NEMURA FILMSの前撮りでは手ぶらでご来店いただけます。

 

新婦:タオルまたはてぬぐい/肌襦袢/裾よけ/白足袋

新郎:白足袋

などなど、スタジオによってお客様ご自身でご用意しなくてはいけない場合も多くございます。

おそらく以後使うことはほとんどないものと思いますので、こちらも前撮りの予算として計算する必要がありますね。

 

◇撮影用の小物

instagramなどで写真を見て見ても、自分たちのお気に入りの小物を用意しているカップルさんも多くおられます。

和装の撮影によく使われるものとして、番傘や扇子などがあります。

最近では、ガーランド・赤い糸なども人気の小道具です。

もちろん小物の持ち込みは自由ですが、NEMURA FILMSでは無料オプションとしてご用意しておりますので、手ぶらでご来店されても、アイテムを使用した写真が撮影できます。

 

Posted in 倉敷, 前撮り, 岡山Comments Closed 

関連記事