May 25, 2017

前撮りをする理由2

前回の続きです!

僕自身、いつの間にか前撮りというものを知っていましたが、親や周りの人がしていて、結婚するときには結婚式と同じように、当然するものだと思っていました。

 

ただ、岡山後楽園や倉敷美観地区でのロケーション前撮りスタジオをオープンして、今更ながら気づいたことがありました。

 

親が結婚したのは30年くらい前。

30年前はデジカメなんかない。

昔の機材はどれも大きく、重く、

きっと前撮りなんてすごく高価な商品だったんじゃないか。

 

親もしてると思ってたけど、本当にしてたか?

してませんでした!笑

 

僕の両親は、和装で結婚式をして、その時の写真を僕は前撮りだと勘違いしていたみたいです。

 

おじいちゃんおばあちゃんは?

ロケーションで和装で撮影している写真が残ってました!!

 

が、

 

それは前撮りではなく、結婚式当日の様子の写真だったみたいです。

 

地域によって、違いはあるかと思いますが、

おばあちゃんは、結婚式の当日、

自宅で花嫁支度(着付け・ヘアメイク)をして、

近所のおじいちゃんちまで、花嫁衣装で歩いて行って、

おじいちゃんの家で、祝言(今でいう披露宴)をあげたらしいです。

 

僕が見たことあった、おじいちゃんおばあちゃんの前撮り写真は、

式当日におじいちゃんの家に向かう途中の写真だったのです。

 

何年か前に、カメラマンを対象としたセミナーで、

前撮りは昔の結婚式の名残という話を聞いたことがあります。

 

意外と親やおじいちゃんおばあちゃんがしていたのは、前撮りではなく、

結婚式だったのかもしれません。

 

そう考えると、写真を撮影するだけのサービス以上に、

何か大きな意味が、前撮りにはあるような気がします。

 

Posted in 前撮りComments Closed 

関連記事