Dec 3, 2017

岡山後楽園や倉敷美観地区での前撮りにピッタリ!和装衣裳のご紹介07

12月に入り、岡山後楽園や倉敷美観地区で出会う他のスタジオさんの数も少なくなってきました。

 

いわゆる紅葉シーズンは終盤ですが、岡山後楽園内にはまだまだ赤や黄色の紅葉がたくさん残っています。

紅葉を見にきている観光客の方も、他のスタジオの新郎新婦様も少なくなってきて、先週までなら人が多すぎて撮影できなかった場所でも撮影できたりして、お得な感じです。

本日は岡山後楽園や倉敷美観地区での和装前撮りにぴったりな衣装07をご紹介させていただきます。

 

珍しい青色をベースとした打掛です。鶴・梅・牡丹などの縁起の良い絵柄がデザインされています。腰から上の絵柄はシンプルに細かく、袖は大きく絵柄が配置されていますので、身長の高い方も低い方にも似合う着物です。

バストアップはこのような感じです。

お袖に細かい柄が少ないので、バストアップだとシンプルなデザインに見えますね。

お袖は大柄のお花と鶴が描かれています。

打掛の定番はやはり赤ですので、打掛としては珍しい青色ですが、他のスタジオさんやサイト・雑誌などを見ても、最近は青色の人気も高まっている印象です。

 

それでは実際にご着用頂きましたお写真をご紹介いたします。

全身はこんな感じです。

このポーズは和装前撮りの基本ポーズで、立ち位置は新郎様が向かって左、新婦様が向かって右手にお立ちいただくようになります。

基本的に新婦様は左側がお写真に映ります。

かっちりしたポーズでも表情が柔らかいと自然なお写真に見えますよね。

緊張されているお二人でも見つめ合うだけで、表情は柔らかくなります。

新婚って素敵ですね!

倉敷美観地区の緑と打掛の青色がとてもよく合います。

新婦さんのお顔がスーパー小さい!

横から見るとこんな感じです。

倉敷美観地区は緑を除けば、黒や白、グレーのモノトーンの建物がほとんどなので、鮮やかな色の打掛はとてもよく映えますね。

後ろ姿はこのような感じです。

こうして見るとかなり大人っぽい印象の打掛ですね。

大人っぽい衣装でも、撮影アイテムを使うと、可愛い印象のお写真もたくさん残せます。

カチッとした正式ポーズから、柔らかい表情のお茶目な写真、自然な表情の写真、流行のアイテムを使ったお写真まで幅広く撮影させて頂きます。

 

もちろん、どんな場所で撮影したい、どんなポーズをしたいなどといった指示書のお持ち込みも大歓迎です。

手作りのお持ち込み小道具も大歓迎です。

 

岡山後楽園限定キャンペーン中ですので、この機会をお見逃しなく!

 

Posted in 倉敷, 前撮り, 岡山Comments Closed 

関連記事